みずのわ写真館


 山口県周防大島の写真屋、です


デジタルでは表現できない色がある。銀塩写真は美しい

各種写真撮影承ります

ペンタックス67
○…家族写真、記念写真等の出張撮影
みずのわ出版写真部「みずのわ写真館」では、七五三、成人式、家族写真、記念写真等の出張撮影を承ります。撮影場所が周防大島町内でしたら出張費無料です。但し、笠佐島、前島、浮島、情島など、周防大島町内の周辺離島で撮影の場合は、往復の渡船代実費を戴きます。デジタルカメラではなく、中判銀塩カメラ(6×7判フィルムカメラ)にて撮影いたします。フィルム代・現像・プリント等の経費がデジタルカメラより高額になりますが、仕上がった写真の「モノ」が違います。拡張性、耐久性に優れている点はもとより、やわらかく自然な描写、色の深み、階調の美しさは、デジタル写真とは比較になりません。大切な写真はデジタルではなく銀塩で撮って残さねばならぬ。それが小社の方針です。

○…証明写真の撮影
パスポート、運転免許証、障害者手帳、入学願書など各種申請書類に必要な証明写真の撮影を承ります。この場合は利便性とコストパフォーマンスを優先してデジタルカメラで撮影します。画像の色味等の調整とプリントアウト後の乾燥時間確保のため、撮影翌日以降のお渡しになります。1カット800円です。撮影後6ヶ月以内に再度証明写真がご入り用の場合は、無料でプリントいたします。留守がちですので、電話・メエル等で撮影日時の事前予約をお願いします。

○…証明写真の出張撮影
証明写真はお客様にご来社いただいたうえでの撮影となりますが、身体障害などにより移動が困難な場合は出張撮影を承ります。撮影場所が周防大島町内でしたら出張費無料です。但し、笠佐島、前島、浮島、情島など、周防大島町内の周辺離島で撮影の場合は、往復の渡船代実費を戴きます。

写真撮影担当者…柳原一徳(やなぎはら・いっとく)
1969年生。公益社団法人日本写真協会会員。旧日本写真専門学校写真学科フォトデザイン専攻卒業後、新聞社、放送局、出版社勤務等を経て独立。写真撮影を担当した書籍に『われ、決起せず―聞書・カウラ捕虜暴動とハンセン病を生き抜いて』(立花誠一郎語り、佐田尾信作編、みずのわ出版)、『親なき家の片づけ日記 信州坂北にて』(島利栄子文、みずのわ出版)など。岩波書店、筑摩書房、新潮社、講談社ほか各出版社刊行物への写真提供も行う。


みずのわ写真館
山口県大島郡周防大島町西安下庄、庄北2845
Tel/Fax 0820-77-1739 〒742-2806
E-mailは「メエル」をクリック
   ↓
ウエッブサイトから問合せ・注文

このページのTOPに戻る




モノクロ暗室作業を続けています

引伸し機 水洗


















暗室内の引伸し機(写真上)と水洗作業(写真下)。銀塩プリントは、露光→現像→停止→定着→水洗→乾燥の工程を経て完成に到ります。デジタル万能というとんでもない勘違いが世上を覆う今日にあって、急速に失われつつある技術の一つです。写真をみる眼を養ううえでも、またデジタル写真処理を的確に行ううえでも一番の基礎となるのは暗室作業であり、プリントの耐久性・美しさ・表現力の豊かさなど鑑みるに、いまこの技術を失うことは写真の可能性を追求するうえで多大な損失であると考えます。小社では、写真に携わる者として本来不可欠な技術の維持・向上とあわせ、周防大島文化交流センター所蔵の宮本常一写真資料保全という課題に立ち向かうべく、不定期で暗室作業を続けています。

このページのTOPに戻る



ウエッブサイトから注文・問合せ